建築士達

定期点検を行なう

コンクリート

ビルや飲食店などでは防火対象物点検を行なう必要があり、この点検を行なうことで安全性を維持することができます。現在はこの制度が法律で義務化されており、日本全国の店舗や企業で行われています。

Read More

電気の節約をする

ビル

日常生活の中で電気の節約をすることは家計や環境にとっても良いものであるといえます。デマンドコントロールのシステムを利用することによって電気を過剰に使用することを防ぐことができます。

Read More

清掃作業を行なう

ブロック

ダクト清掃は専門業者に依頼することができますが、掃除の箇所やその範囲などによっても依頼にかかる料金が異なっています。ダクト清掃をするときにはしっかり空気の換気を行なうことが必要です。

Read More

管理を行う

距離を図る作業員

工事現場などでは指導や監督をするために設計管理が必要です。広い範囲を事細かくチェックすることにより作業をスムーズに進めていくことができます。しっかりと管理を行なうことにより安全面を重視して工事作業に取り組むことができます。

Read More

建物に必要な工事

作業者とヘルメット

バブル経済と言われるものが崩壊し、しばらくの間は建設工事も頻繁に行われていましたが、ここ数年は工事件数が激減していました。でも、近年、震災復興の為の工事や東京で行われるオリンピック開催に対応するために建設工事の物件数が増えると見込まれています。 建設工事には様々な工種の工事が複合して行われます。その中でも建物の構造体を作る工事であるコンクリート工事も工事の物件数に応じて発生します。 コンクリート工事とは、鉄筋が組みあがってその周りに型枠を組み上げた後に型枠の中にフレッシュコンクリートを流し込む工事の事を言います。その目的は、ただ単にコンクリートを流し込むだけではなく様々な技術を駆使し、よりよいコンクリート構造物を作り上げる事です。

コンクリート工事を行う際に大切な事が何点か有ります。まず一つは構造計算により計画された強度が発現できる配合で練り混ぜられたフレッシュコンクリートを使用する事です。この強度は強すぎてもよく無く、建物のバランスが考慮されていますので守らなければなりません。 次に工事現場でフレッシュコンクリートを型枠内に流し込む際には、不純物が混ざらないように型枠の内部を清掃してから工事にかかります。そして流し込みの最中にはコンクリートが分離しないように注意しながら流し込み、不要な空気を巻き込まないようにバイブレーターと言う機械等を使用し締固めながらコンクリートを流し込みます。 流し込みが終了しますと、健全に硬化するよう散水養生等の適切な養生を行います。この養生までを含めてコンクリート工事での大切な事と言えます。

オススメリンク

  • Johnson Controls

    自動制御についての詳細が知りたいなら必見になります。ここで紹介されている情報をチェックしておくようにしましょう。
  • 有限会社シーズン

    名古屋で店舗デザインを一緒に考えてくれる業者があるのを知っていますか?予算に合わせて最適な施工方法を提案してくれるので人気です。
  • 環境スペース株式会社

    クリニック設計の依頼をするなら信頼できるところを選んでみませんか?興味があるならこちらからとなっていますよ。

注目の記事