管理を行う

距離を図る作業員

設計管理は、設計図の作成および工事現場において指導や監督を行うことです。建物の調査や鑑定、工事契約業務なども含み、ビルなどの建物を作るさいにおいて総合的に工事管理を行うものです。設計管理を担当した場合には、工事中に設計図通りの仕事をしているかどうかをチェックし、また工事において要求した品質のものが使用されているか、作業工程に手抜きがないかなどを広範囲にチェックすることになります。また設計管理では、設計図の作成はもちろん、設計図をもとにビルを作るさいに必要とされる施工業者の調整や指示を行い、各工程の確認などを行い最後には完成引き渡しの立会や関係象徴への申請業務などを行うというもので、非常に重要な役割を担っています。

設計管理は、施主がビルなどの建物を発注した設計事務所や建築事務所が務めるのが一般的で、これらの事務所が施工を行う各種業者に工事内容を指揮して建物を作り上げていくことになります。これは設計事務所や建築事務所などが最終的に建物の責任を負うためであり、工事が順調に進める上で重要になります。また管理をしっかり行うことは違反建築になるのを未然に防ぐことができ、手抜き工事を抑止する効果があります。一般には、設計事務所や建築事務所が設計管理を行う立場にありますが、場合によっては設計と施工が同じ業者になる場合があります。この場合には施主自らが行う必要があり、この場合に設計管理を他の設計事務所などに依頼するケースもあります。