清掃作業を行なう

ブロック

ダクト清掃の料金は、業者に事前に見積もりをしてもらうのですが、空調ダクトの設置場所、ダクトの広さ・汚れ具合・消毒などによって清掃の料金が変わりますが、汚れの程度によっても料金がプラスになることがあり、詳細については、現地調査後のお見積もりにより決まります。しかし、ダクト清掃を定期的に行うことによりダクトの排気効率が改善され、イヤな臭いを防ぎ、建物外壁の排気口まわりも汚れにくくなり、また、飲食店などでのキッチンのダクト内部の油汚れをお掃除することで、火災が防げ、逆風防止弁やダンパーのトラブルの防止になり、大きな災害を未然に防ぐ事が出来ますし、乾燥機のダクト内に洗濯物の繊維から出るホコリが溜まり、乾燥の効率が下がり洗濯物の乾きが悪くなります。 ダクト内のホコリは燃えやすく、乾燥機による火災が起こる可能性がありますので、定期的なダクト清掃が必要になります。

施設や工場内にて、作業をする場合の空気の入れ換えを行うには、以前は窓を開けての換気をしながら作業が行われており、その後に、換気扇が設置されて排気を行いましたが、大きな施設等では換気扇では十分な空気の入れ換えが出来ず、また工場などでは健康に好ましくない薬品などを使うこともあるので、しっかりとした空気の換気システムを必要となりました。そこで効率的に空気の入れ換えができるようになった物がダクトなのです。現在多くの作業場には、排気ダクトというものが設置されています。そして定期的にダクト清掃を行って、2年から3年ごとにメンテナンスも行われ、内部のクリーニング・消毒を行い環境の維持するシステムが確立されています。